年会事務局サポート専門

学会サポート専門

株式会社セカンド会社案内

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11
TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

2回目からは50題以下でも演題システムが無料

過去利用の学会は完全無料
現在無料は50題以上の学会ですが、
利用実績がある学術集会は演題数に
かかわらず無償提供。

これまでのサポート実績を検索

2回目からはオンライン査読も提供
ブラウザ上で査読し評価も記入できます。
学会の評価規定に準じ査読画面を準備。
査読は2回目以降の学会から提供。

※オンライン査読は50題以上の学会に限定。<詳しくは>

UMINより高機能なシステム
メール登録、修正モード設定、PDF
アップロードなど高機能演題システム。
システムはカスタマイズできます
学会毎にカスタマイズしてシステム提供、
運用も担当者が密着してサポート。

組版編集のプロが自動組版ために開発した演題登録システム

私たちはUMINが演題登録を始めた15年前から登録データで紙面を自動組版するXML技術の開発に取り組み、現在では学術組版ルールに完全に適合した形で抄録誌面の自動組版を実現しています。(UMINなどXML準拠の演題システムなら全て自動組版ができます)

またUMINの演題登録が使えない学会の為に演題登録システムも自社で開発し多くの学術集会に提供しています。

無償は演題数50題以上の学会

登録演題から抄録紙面を自動組版できるのでWordファイル入稿より安価に学会誌を発行できるので演題システムは無償提供します。他方で演題が少ないとカスタマイズや運用の費用をカバーできませんので新規で50題以下の学会は一部、費用負担をお願いしております。

※2回目以降の継続学会は演題数にかかわらず無償提供。
尚、大きな仕様変更は有料です。

学会毎のカスタマイズにも対応

登録画面はUMINと同じく学会毎の「演題募集要項」に沿ってカスタマイズした上で提供します。

UMINとは異なり最初に演者はメルアドを登録する仕様なので、メール未達事故もありません。また図表掲載を許可する学会ではPDFファイルもアップできます。 ※UMINは画像ファイルだけ。

査読後に修正が必要な演題だけが訂正できる「保護モード」も設定できます。これもUMINには無い便利な機能です。

システムは100%自社で開発・運用

セカンドの演題システムは全て自社で開発したWebデータベースです。専門業者への外部委託は一切ありません。自社プログラムだからオンライン査読などのカスタマイズも可能です。

演題募集のためにホームページもサポート

スムーズにオンライン登録を行うためホームページ制作もサポートします。他業者の価格と比較して安価で、しかも原稿量や更新回数に関係無い定額制の料金設定です。

演題登録システム単体でも提供

20万円

カスタマイズ、フルサポート付き

実際に演題登録を
体験できます。

初めにメルアドを登録してください。
演題登録画面のURLがメールされます。

登録画面です。メルアドを登録して実際に
演題登録をご体験ください。

BLOGS
UMIN:クイックマニュアル

UMIN は現在、新規の受付は停止中です。
継続利用学会も募集開始日の2ヶ月以前の申請が必須。

▲ TOP