年会事務局サポート専門

TOP > 6 広告掲載ルールBook > 4.広告掲載のサポート手順について

セカンドの広告掲載サポート
その手順について

版下やフィルムで入稿する広告もあります

現在ではファイルでの入稿が大勢大半ですが、まだ版下で入稿する広告も希にあります。版下には印画紙の紙焼き(清刷とも言います)、ポジフィルム、ネガフィルムがあります。

※版下がプリンター出力紙の事例もあります。

これらは、専用のスキャナーでデータ化します。文字などの線画部分と写真の網点部分に分けてスキャンして後で合成する手法ですので、自分で卓上スキャナーでデータ化することはお薦めしません。必ずセカンドに版下を郵送してください。

尚、版下は必ず返却が求められます。学会発行後は必ず掲載誌を添えて返却が必要です。CDやDVDでも返却を要求される場合が多くあります。

広告ファイル送信には共有フォルダを利用

広告は容量が大きいのでメール添付ファイルでの入稿は非常に危険です。送信できても着信時には添付ファイルが欠落したり壊れている場合もあります。セカンドの学会サポートでは広告ファイルの送稿には Google Drive 「ファイル共有フォルダ」を利用します。は Google Drive にファイルをアップするには、Google IDによる共有設定が必要です。「共有フォルダ」は常時監視ができません、アップしたら必ず一報ください。

※組織団体で G-Suite を利用されている場合(会社で社員メールがG-mailというケース)ではGoogle Drive への接続を禁止している設定が多くあります。その場合には Dropboxなど他の共有フォルダを利用する事になります。

広告ファイルは厳密にチェックします

入稿した広告フィアルは担当者が厳重にチェックします。解像度やフォントなどに問題がある時は直ぐに連絡します。広告がカラーで制作されているが掲載はモノクロという事例も多くあります。その場合にはセカンドでモノクロに変換します。

また、パワーポイントやWordで作られた広告が入稿する事もあります。関連病院や施設の協賛広告で多くあるパターンです。この場合には必要に応じて広告として通用するようにセカンドで加工修正をおこないます。できるだけPDFに変換したものとオリジナルファイルの両方を入稿してください。

スプレッドシート[広告一覧]で共有する

広告の管理には、Google ドライブ のスプレッドシート[広告一覧] を利用します。このエクセルシートは事務局でも自由に記入できます。Excel からのコピペもできます。入稿する広告は[スポンサー名・サイズ・入稿形式・送稿日]などを記入した上で「ファイル共有フォルダ」へアップしてください。

広告掲載順番を決める

広告の入稿が完了したら最後に掲載順番を決めます。広告は奥付の後から掲載します、その際にはノンブルは本文とは別の形にします。(1)から始める事が多いです。

最初に半ページ広告を掲載して、その後が全ページ広告というのが通例です。全ページ広告は一番後ろ、つまり裏表紙裏の左側がもっとも目立つ場所です。重要な広告の順にうしろから掲載するというのが一般的なルールです。掲載順はお任せや申込み順という学会も多くあります。

学会資料集

学会書式集

学会事務局に必須各種文書のテンプレート集を公開中

学会封筒見本集

学会事務局封筒・便箋のデザインテンプレートを公開

会社案内

学術集会通販サポートが全国から支持される理由

おススメ情報

学会サポート専門

株式会社セカンド会社案内

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11
TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

▲ TOP