年会事務局サポート専門

TOP > 5 学会誌の編集入門 > 5.招待演者への原稿依頼について

招待演者へ抄録原稿を
依頼する時の注意事項

「招待企画の演者にはどのような形で原稿を依頼すれば良いでしょうか?」この質問は多いです。抄録を招待演者に依頼する前に事務局ではあらかじめ組版スタイルを決める必要があります。

特別講演や教育講演では、見本の様に演者のポートレートや略歴を掲載するのが望ましい形です。

シンポジウムについては経歴を省略してポートレートだけを掲載する学会も少なくありません。

写真と略歴を掲載

写真のみを掲載

招待演者への依頼状のポイント

ほとんどの学会誌で1演題は1ページが基本です。ただし、長い抄録や図表掲載を希望される講師もありますので、その場合には2ページでの掲載で準備します。

こちらが依頼状に記載するテキストの実例です。

  • 1) 抄録本文は原則として1,000文字以内でご用意ください。尚、やむをえず文字数が制限を超える、あるいは図表掲載を希望される場合にはご相談ください。
  • 2) 略歴などは400文字以内でご準備ください。超える場合には事務局にて編集させていただく場合がございます。
  • 3) 写真:掲載サイズは3cm×4cm程度です。ファイルは jpgデータ(解像度350dpi)でご用意ください。写真はカラーでもモノクロでも結構ですが掲載はモノクロとなります。

テンプレートを提供しますのでご相談ください。

トビラへの座長の略歴掲載する、
シンポジウムでOverViewを掲載する事例

シンポジウムやパネルディスカッションでは座長やオーガナイザーの写真をトビラに掲載するのがスマートです。またOverView(趣旨・ねらい)をトビラに掲載するのも効果的です。こちらが見本誌面です。

学会資料集

学会書式集

学会事務局に必須各種文書のテンプレート集を公開中

学会封筒見本集

学会事務局封筒・便箋のデザインテンプレートを公開

会社案内

学術集会通販サポートが全国から支持される理由

おススメ情報

学会サポート専門

株式会社セカンド会社案内

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11
TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

▲ TOP