TEL096-382-7793

4登録された演題は自動組版し、印刷製本します

登録された演題のデータを利用して抄録ページは自動組版できます。日程表も含めて全ページを社内で組版編集します。
学会会場図も全国の大半は準備済みです、また広告掲載についてもサポートします。

オンライン演題登録のメリットは自動組版です

演題登録システムを無償提供させていただくのは登録された演題から誌面の自動組版ができる独自技術があるからです。オンライン登録の方がWord入稿される演題より迅速に組版処理できるのでコストも削減できるからです。Web開催会場にアップするプログラムも自動組版できます。

あくまで美しい学術組版スタイルを追求します

実際に組版編集を始める前にはその学会誌にとって最適な組版スタイルをご提案します。本番では正しい日本語学術組版のルールに従ってで組版編集します。また抄録本文は社内校正を厳重におこない、演者側の入力ミスやルール違反にもできるだけ対応します。図表掲載を許可する演題抄録の組版編集もいたします。

タイムテーブルや会場図面も含めて全ページを制作します

登録演題による自動組版以外も全頁をセカンドが責任を持って組版編集します。講師から入稿されるWordをそのまま印刷するような事は一切ありません。面倒な広告掲載についてもサポートします。

学会誌で最も重要なページが日程表(Timetable)です。日程表は抄録紙面だけでなくWeb会場のプログラムページでも電子出版(Online-Publishing)としても利用できます。

弊社にはこれまでに制作した膨大な学会会場図面が蓄積されています。日本全国の公共施設・ホテル・大学・病院の会場図面はおおむね準備されています。

事務局とクラウドで情報共有しながら編集と校正を進めます

事務局メンバーだけが閲覧できる「情報共有サイト」を提供します。学会準備の全情報を関係者全員で共有しながら編集作業ができます。

原稿ファイルはGoogleドライブで共有し、入稿状況はGoogleスプレッドシートで一元管理ができます。

PDFで電子校正、最後にはツカ見本誌で出来上がりを確認

情報サイトで閲覧する校正PDFは修正指示を直接記入できる拡張PDFです。印刷を開始する前には完成品を再現した「ツカ見本誌」を郵送します、出来あがり具合を手にとって最終確認できます。

自社工場で印刷製本します、郵送代行もゆうメールでサポート

校了後は自社工場(ホープ印刷株式会社)で徹底した品質管理のもと印刷・製本を行います。外注加工はありません、完成後は学会会員や事前参加登録者への抄録誌郵送も代行します。郵便局の「ゆうメール」だから確実で安心です。

▲ TOP