TOP > 7. 事前参加登録と参加証印刷 > 4. 学会参加証の基礎知識

学会参加証の基礎知識
学会必須アイテムを1枚100円で印刷

ホルダーはネット通販がお薦め

イベント用名札 名刺サイズ
91×55㎜
紐の色:グレー
26円程度

100×90㎜
紐の色:青
柔らかい素材なので
出し入れが簡単。
20円程度

「学会参加証」は最重要アイテム

学会参加証は氏名と所属先を記入する[名札]の下が[参加証明]その下に[領収書]が基本型です。

1)会場への立ち入りを許可する「パス」

ホルダーのオモテとなる面で、氏名と所属先を手書きします。有料の懇親会がある学会では参加シールを貼ります。有料のセミナー等ではセミナー参加シールを貼ることもあります。

2)学会参加(または受講)証明書

参加者が学会に出席した事を大会長が証明する書式です。参加者へ「専門医研修単位」などを付与する学会では参加(または受講)証明書が必須です。認定単位数や承認番号記載など固有の様式があります、必ず前回参加証を確認してください。

3)学会参加費および懇親会費の領収証

会員や非会員など参加区分で異なる参加費はチェック方式で領収書を発行します。懇親会費については公費精算ができないケースが多いので参加費領収書とは別枠にしたものが多いです。※受付で別途懇親会領収書を発行するケースも少なくありません。

参加証のホルダーは通販で準備

参加証のサイズは名刺サイズ(横91・縦55ミリ)が主流ですが、大判サイズ(横100・縦90ミリ)も多く利用されます。ホルダーはアスクルなどネット通販での購入をお薦めします。

オンデマンド印刷だからできること

参加証はオンデマンドと言われるプリンター出力、だから複数の種類を印刷しても料金は同じです。[事前登録者用]と[当日参加者用]を別々に印刷しても費用総額は変わりません。

※ ただし印刷は50枚単位、最小印刷数は50枚。

会計監査がある学会では通しナンバー(ナンバーリング)を印刷した[領収書控え]を付けるのが標準です。ナンバーリングもオンデマンド印刷の強みです。

事前参加登録される学会では参加証に名前と所属先名の<差込印刷>ができます。尚、所属先名は12~15文字が限界、病院や大学の正式名称は長いものが多くあり要注意です。セカンドの事前参加登録システムご利用の場合は所属先名印刷用として登録画面に[略称表記]の設定が必要です。

名前と所属先名を<差込印刷>した参加証は信書に該当します。ゆうメールで郵送することはできませんので注意が必要です。

懇親会シールも

有料懇親会では懇親会費を払った方およびご招待した方は名前の横に赤や緑色の丸い[シール]を貼ることで懇親会場への入場者を区別します。

これにはニチバン(株)の「マイタックラベル」が使用される事が多いです。セカンドではオリジナルの[懇親会シール]も無料で提供します。必要な枚数をお申し付けください。(1シート20枚単位)

学会資料集

学会書式集

学会事務局に必須各種文書のテンプレート集を公開中

学会封筒見本集

学会事務局封筒・便箋のデザインテンプレートを公開

会社案内

学術集会通販サポートが全国から支持される理由

おススメ情報

学会サポート専門

株式会社セカンド会社案内

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11
TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

▲ TOP