株式会社セカンド

既に600以上の学術集会が利用した演題登録+抄録誌印刷+選択サポート、その実績をまずお確かめください。

演題登録システム提供▶▶▶抄録自動組版▶▶▶学会抄録誌の編集・印刷
必須

抄録誌を予約すると直ぐに演題登録画面を提供。

登録画面は演題募集要項に合わせて自由にカスタマイズができます。

※通常20~40万円で提供されている演題Webシステム以上の機能を備えています。

●短期間で演題登録がスタートできる

始めに[演題登録画面]を提示し、次にプログラム実装とテスト登録という手順です。
通常ご依頼から演題登録開始まで2週間以内。

●小規模から大規模学会まで対応

20~1000題以上まで対応します。

●国際学会にも対応

英語圏からの演題登録にも実績多数。図表PDFもアップできます。

●演題管理機能を提供

専用の管理画面から演題の確認、印刷、修正・変更などの操作ができます。

●オンライン査読にも対応

査読者がブラウザ上で査読し、評価を記入できるシステムです。査読評価書に合わせてカスタマイズできます。(有料オプション

実際に学会事務局を
担当される方への
運用マニュアルです。

長い期間をかけて出版社が自社開発した演題登録システム

セカンドは組版編集の専門業者として「UMIN(ユーミン)が演題登録システム提供を始めた15年前からUMINに登録された演題データを利用したXML自動組版に取り組んできました。また、UMINが利用できない演題数が少ない学会を対象に演題登録システムも開発し提供してきました。

当初はPCO様からの依頼が大多数で、私どもの学術組版へのこだわりはなかなか理解されませんでした。

UMINは「利用希望学会が多くなりすぎて」 2013年春から新規申請は受付を停止し、継続利用学会だけとなりました。それを機にセカンドは下請けを止め、学会事務局直接のサポートだけに移行しました。

無償提供は演題数50題以上の学会

セカンドにはオンライン登録データから抄録を自動組版する独自の技術があり、安いコストで学会誌を発行できます。

XMLは出版時の[正確さと便利性の向上]を目的に設定された国際ルールです。XMLを利用する事で演題登録システムの費用負担も無くなるのが理想的な姿です。

しかし演題数が少ないとカスタマイズやサポート費用をカバーできません。そのために50題以下の新規学会については一部負担をお願いしております。※継続利用の学会は演題数に関係なく無償提供します。

学会毎のカスタマイズにも対応

UMINと同じように各学会の「演題募集要項」に合わせてカスタマイズできます。カスタママイズも無料です。

UMINと異なりメールアドレス登録制ですのでメール未達の事故もありません。抄録への図表掲載を許可する学会ではPDFファイルも添付できます。※UMINでは画像だけの添付。

XML自動組版は組版のプロがおこなう仕事です。完璧な抄録誌を発行するにはそれができる演題登録システムが必要です。

システムは100%自社で開発・運用します

セカンドの演題システムは全て自社開発です、専門業者への外部委託は一切ありません。プログラムも社内で書きますのでオンライン査読や事前参加登録との連携など幅広いカスタマイズが可能です。またプログラム担当者が直接、学会事務局とやりとりしますので迅速なサポートが実現します。

演題募集のためにホームページもサポートします

スムーズにオンライン登録を行うために、希望される学会にはホームページ制作もサポートします。学会業者の価格と比較して低価格で、しかも原稿量や更新回数に関係なく定額制です。

実際に演題登録を体験できます。

初めにメルアドを登録してください。
演題登録画面のURLがメールされます。

登録画面です。メルアドを登録して実際に演題登録をご体験ください。

演題登録のスタンダートUMIN:クイックマニュアル

現在は新規利用は受付中止です。尚、継続利用の学会でも募集開始日の2ヶ月以上前申請が必須です。

必須
演題登録と抄録誌印刷が
一つになった印刷通販
選択
学会誌を印刷予約すると
必要な項目もサポート

学会サポート専門

株式会社セカンド

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11

TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

▲ TOP