株式会社セカンド

既に600以上の学術集会が利用した演題登録+抄録誌印刷+選択サポート、その実績をまずお確かめください。

選択

全ての要素を満す究極の参加証を印刷

オンデマンド印刷だから実現した理想の参加証印刷が100円、利用者だけの特典です。

1. フルカラーでナンバーリング付き印刷

ナンバーリングを複数カ所に印字できます(追加料金不要)。ミシン目や折りスジ入れの加工もできます。

2. 事前登録用と当日用を印刷しても同じ料金

事前登録者用と当日用の2種類の参加証を印刷しても追加負担はありません。最小印刷数はそれぞれ50枚単位です。

3. 氏名と所属の差込印刷ができます。

オンラインで事前参加登録を受付けた学会では、参加者氏名と所属の差込印刷ができます。こちらは追加料金100円/枚です。

「学会参加証」は最重要アイテム

参加証は学会準備の最重要アイテムです、入念に準備しましょう。学会参加証の役割として

  • 1) 学会会場への立ち入りを許可する「パス」
  • 2) 学会参加費および懇親会費の領収証
  • 3) 学会出席(または受講)証明書

参加者へ「専門医研修」単位などを付与する学会では出席(または受講)証明書が付きます。

一般参加者用とは別に「スタッフ証、出展者証、取材記者証」を別に準備する学会もあります。

学会によって様々な様式がありますので、必ず前回大会参加証を確認した上で準備を始めてください。

参加証の原稿を準備します

初めに参加証のサイズを決めます。名刺サイズ(横91ミリ・縦55ミリ)が主流ですが、大判サイズ(横100ミリ・縦90ミリなど)も利用されます。

ホルダーは安価なネット通販での購入がお得です。

氏名と所属先を記入する[パス面]の下が[出席証明書]その下に[参加費領収書]があるのが基本型です。受講証明書には認定学会名および認定単位数 や承認番号を記載するものがあります。必ず前年の参加証を確認することが必要です。懇親会費については公費での精算ができないので[懇親会領収書]は別にするのが正式です。

オンデマンド印刷だからできる

セカンドの参加証はオンデマンド印刷と言われる高速プリンター出力です。だから複数の種類を印刷しても料金的には変わりません。たとえば事前参加登録を受ける学会では[事前登録者用]と[当日参加者用]を別々に印刷しても費用総額は変わりません。

※ 最小印刷部数は50枚単位となります。

会計監査がある学会では通しナンバー(これをナンバーリングと言います)を印刷した[領収書控え]を付けるのが標準です。ナンバーリングもオンデマンド印刷の強みです。

名前と所属機関名も差込印刷できます

事前参加登録を受ける学会では入金が確認できた参加者に名前と所属先名を予め印刷した参加証を事前送付する事例もあります。こうした印刷を<差込印刷>と称しておりオンデマンド印刷の特徴です。

尚、差込印刷できる所属先名は16~20文字程度が限界です、病院や大学の正式名称には長いものが多くあります。参加登録時には所属先印刷に使用する[略称表記]も必要です。

セカンドで制作した参加証はこちら

参加証ホルダーを紹介します

91×55㎜
紐の色:グレー
硬質プラスチック製
100×90㎜
紐の色:青
柔らかい素材なので
出し入れが簡単。

会長公印の入稿方法

■ FAX
きれいに捺印しコピーで400%に拡大したものFAXしてください。
FAX:096-386-2025

■スキャナー
350dpiでスキャニングしたデータをそのまま送信してください。

有料の懇親会では懇親会費を払った方またはご招待した方の参加証には名前の横に赤や緑色の丸い[シール]を貼ることで懇親会場への入場者を区別します。

慣例でニチバン(株)の「マイタックラベル」が使われる事が多いです。セカンドではオリジナルの[懇親会シール]も無料で提供します。必要な枚数をお申し付けください。(1シート20枚単位)

必須
演題登録と抄録誌印刷が
一つになった印刷通販
選択
学会誌を印刷予約すると
必要な項目もサポート

学会サポート専門

株式会社セカンド

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11

TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

▲ TOP