株式会社セカンド

既に600以上の学術集会が利用した演題登録+抄録誌印刷+選択サポート、その実績をまずお確かめください。

選択

便利でシンプルな事前参加登録システムを提供。

学会の参加者確保に効果がある早割事前登録も簡単に運用できます。

1. 管理画面から募集管理が簡単に

登録者には仮登録メールを送信し受付業務を自動化します。管理画面で申込者名や登録状況が一覧できます。

2. 入金完了メールも送信できます

金融機関からの入金通知後、管理画面から個別に登録完了メールを送信できます。文面は自由に設定できます。

3. 自由にカスタマイズ可能

懇親会やセミナーなど、定員があるセッションは満員時は自動的に受付を終了できます。

オンライン事前参加登録の流れをご説明します

1) 参加者がHPの[登録画面]から参加登録をおこなう。

2) 登録者に受付番号を記載した「仮登録完了メール」が自動返信される。
※メールで振替口座の口座番号、振込方法などを説明。
※振込時には受付番号を必ず記載する事を指示。

3) 登録者は郵便局備え付けの[払込み用紙]あるいはATMで参加費を振り込む。

4) 郵便局から[払込控え]コピーが名義人(事務局担当)に郵送される。
※振込日から3~4日ほどかかります。
[振替受払通知票Web照会サービス]を利用すると入金の翌日朝には振込記録がWeb上で確認できます。

5) 事務局担当者がシステム管理画面で[入金済]を記録し、登録完了メールを送信する。
※金額の過不足があればその都度、入金者へ連絡します。
※未入金者へ一斉メールを送信する機能もあります。

カード決済には対応しません

事前参加登録提供においてはシンプルで無駄な費用をかけないシステムを目指しています。そのためにクレジットカードやコンビニ決済には対応しません。参加費振り込みには郵便局の振替口座利用をお薦めしています。

学会ごとにカスタマイズ

会員・非会員などの参加区分の他に 懇親会やハンズオンセミナーなど個別に定員設定ができます。定員になったらセッションだけ受付を自動停止ができます。

抄録誌事前郵送がある場合には、郵送代行も引き受けます。その場合は郵送先を記入する枠を設定します。郵送先が所属先の場合には部署名も記入を必須にします。

また、事前参加のシステムから学会参加証への氏名と所属先の差し込み印刷にも対応します。

所属機関名は正式名称ですと長いので印刷ができません。略称表記(通常12~15文字以内)を入力する枠を準備します。

なお、差込印刷して氏名がある参加証は「信書」となりますので、ゆうメールで抄録誌に同封しての投函はできません。

これが事前参加登録画面(デモ)

実際に登録をお試しください。

払込にはゆうちょ銀行の振替口座がお勧め

参加料の振込には[ゆうちょの振替口座]利用をお薦めしています。理由は2つです。

1)団体名で講座が開設ができる。

2)参加者が記入した振込票(のコピー)が郵送されるので氏名だけで無く必要な連絡事項も確認できる。

市中銀行の普通口座ですと口座名は[学術集会名+個人名]での開設となります。

※具体的には [第10回〇〇〇〇学会事務局長 山田太郎]などです。

他方で郵便局なら 学術集会名[10回〇〇〇〇学会]で開設できる点が学会の払込口座名として圧倒的に優れています。

振替口座へは郵便局の払込票だけで無く銀行窓口やATMからも送金できます。

その際には入金者の[氏名]のみでの入金連絡となります。

その対策として必ず振込者名は[受付番号+氏名]とする旨を告知します。

必須
演題登録と抄録誌印刷が
一つになった印刷通販
選択
学会誌を印刷予約すると
必要な項目もサポート

学会サポート専門

株式会社セカンド

〒862-0950
熊本市中央区水前寺4-39-11

TEL 096-382-7793(代)
FAX 096-386-2025

[受付時間] 9:00~17:00
[休日] 土・日・祝日

▲ TOP