TOP > 1. 演題登録について > 4. 演題登録者が使用する3画面と自動送信メールについて

演題登録者が使用する3画面と
自動送信メールについて

演者がはじめに自分のメールアドレスを登録する[①登録開始画面]、実際に演題を入力する[②新規登録画面]と後日登録内容の確認や修正をする[③確認修正画面]があります。

1)まず演題登録に使用するメルアドを登録します。

セカンドのシステムでは最初に[登録開始画面]から自分のメールアドレスを登録します。直ぐにそのメルアドに届く[演題登録アドレス連絡メール」に記載されている登録画面のURLをクリックして演題登録をおこないます。

2)演題登録後の完了メールは自由に変更ができます

演題登録が実行されると演者に登録完了メールが送信されます。メールに記載されている受付番号とパスワードで、演者は何回でも演題の訂正や変更ができます。その際にも訂正メールが送信されます。

演者に送信されるメールを事務局担当者へも同報する事ができます。進捗の把握や万が一のデータ消滅時のバックアップ元としても重要です。

3)確認・修正了メールは自由に変更ができます

演題登録期間中は[確認・修正画面]から何回でも内容の確認および修正や変更ができます。アクセスには、完了メールに記載されている受付番号とパスワードが必要です。

また、演題締切り後も査読によって演題の修正を指示された演者だけが修正できる[保護モード]が設定できます。

演題の取り消しやメールアドレスの変更もここから操作できます。

▲ TOP