オンライン登録の学会誌印刷で15年の経験と1000学会の実績

学会誌印刷を予約すると演題募集と開催準備も同時にできます

自作HPに登録ボタンを設定し直ぐに募集開始

演題登録システムを無償提供

年会では抄録誌を印刷しない学会には

初回30万円 2回目からは15万円/演題数に制限なし

  • 学会の演題募集要項ごとに最適な登録画面をカスタマイズ。
  • 運用サポート付き、演者からの技術的な問合せにも対応。
  • 2回目からはオンライン査読システムも提供(15万円)。

1

リピート利用ほぼ100%、15年の実績と年100本の実力

  • 15年間の制作実績を公開中、その品質をご確認ください。
  • UMINが始まった15年前から学会誌自動組版にチャレンジ。
  • ほとんどの医局がリピートで利用、毎年約100学会をサポート。
  • PCOを使わない中小規模の学会を全面的に支援。
    ※BLOG[ 年会事務局必携]をご利用ください。

2

全ての業務を自社で処理するワンストップサービス

  • プログラム、Webデザイン、グラフィックデザイン、組版、
    作図、編集、校正の各担当がワンフロアに結集する環境。
  • 担当者が直接対応するからレスポンスが良いサポートを実現。
  • 完成した抄録誌は自社工場で印刷、外部委託はありません。
  • 完成後の郵送代行も迅速かつ丁寧に対応いたします。

3

クラウド活用で効率的に学会準備ができる環境を構築


  • サイト

  • ドライブ

  • ドキュメント

  • スプレッド
    シート

  • カレンダー
  • Google G-Suitを活用したサポート、原稿入稿や校正確認も
    全てクラウド上でできてしまいます。
  • サポートの中心はメール、交信は全て専用のサポートサイトに
    記録され、事務局メンバーで情報共有できます。

ご予約は先着順、お早めに見積依頼を。

弊社がサポートできる学会は少数です、お早めにご相談ください。

見積画面から積算項目を送信ください、直ぐにお見積をメールします。

見本誌を郵送します、学術組版と印刷製本の品質をお確かめください。

2019年の受付は10月、12月開催の学会のみとなりました。

※継続利用の学会は期限に関わらずご相談ください、可能な限り対応いたします。

2020年は現在受付中です、お早めにご相談ください。

自社工場で
印刷・製本

参加証のみでもOK

▲ TOP